• ホーム
  • > 災害時看護支援マニュアル

災害時看護支援マニュアル

Ⅰ.災害時看護支援の目的

 岐阜県看護協会は、岐阜県内・外に発生し得る災害を想定し、県民の安全確保と県外に発生した場合の救護支援活動を行うため、災害時看護支援体制を確立する。なお、災害発生時は、岐阜県看護協会定款第3条、第4条に基づき、岐阜県地震災害等医療(助産)救護計画・岐阜県看護協会災害時看護支援マニュアルに沿って、災害時の看護活動及び地域に対する支援活動を行う。


Ⅱ.災害看護

1.災害とは
 短時間に限局した地域で発生し、その地域での処理能力を超え、地域外からの救護を必要とし、多数の被災者が発生する非常事態である。災害は一時的な人命や健康への脅威だけでなく、私的財産や公的施設が失われたりすることに伴う二次的な生命や健康への脅威を含む。

2.災害医療とは
 災害時に適切な医療を行うには、天災と人災の相違点を十分理解し、災害対策を検討しておく必要がある。
 災害によって生じる健康問題の予防と素早い救護・復興を目的として行われる協同応用科学ということができ、救急外科・感染症学・公衆衛生・地域保健などの様々な分野や、総合的な災害管理にかかわる分野が協同するものである。

3.災害看護とは
 災害に関する看護独自の知識や技術を体系的にかつ柔軟に用いるとともに、他の専門分野と協力して、災害の及ぼす生命や健康生活への被害を極力少なくするための活動を展開することである。

4.災害支援ナースとは
 被災地の医療施設や避難場所などで充分な看護ができない場合、他の地域からの看護専門職の応援(看護マンパワー)が必要で、これが「災害支援ナース」である。
 災害支援ナースには、個人の意志で災害支援ナースとして活動する看護職と、組織が支援決定し派遣される看護職がいる。ここでは、看護協会員、非会員を問わず、看護協会が派遣するすべての看護職を「災害支援ナース」という。


Ⅲ.岐阜県看護協会の災害時看護支援体制

1.対策本部の設置
 岐阜県看護協会は、災害が発生したら直ちに災害対策本部設置の必要性を検討し、必要が確認されたら岐阜県看護協会内に岐阜県看護協会災害対策本部を設置する。

 1)岐阜県看護協会災害対策本部は、岐阜県災害対策本部・日本看護協会・都道府県看護協会等と連携を図る。
 2)岐阜県看護協会災害対策本部長は、岐阜県看護協会会長がその任にあたる。
 3)岐阜県看護協会災害対策本部長は、支援活動調整本部長(専務理事)・情報収集責任者(専務理事兼務)・災害
   支援ナース調整責任者(事業部長)・物資支援責任者(事務局長)を任命する。

2.責任者の役割
 1)支援活動調整本部長の役割
  (1)情報収集責任者・災害支援ナース調整責任者・物資支援責任者と連携を密にし、支援活動の指揮を取る。
  (2)被災状況や災害支援に関する記録を残し、日本看護協会への情報提供・報告をする。
 2)情報収集責任者の役割
  (1)調整本部長の指示により、現地対策本部との連携を取り、被災地の災害状況
     (メーリングリストを含む。)などの情報を収集する。
  (2)被災地に必要な災害支援ナースの人数を把握する。
  (3)被災地の必要物資を把握する。
  (4)被災地の状況を集約・整理する。
  (5)マスコミ対策
     可能な限りメディアを用いて、看護支援活動の情報提供を積極的に行う。
 3)災害支援ナース調整責任者の役割
  (1)情報収集責任者と連携を取り、災害支援ナースの派遣を決定する。
    ①派遣場所:施設・避難所・救護所など
    ②災害支援ナースの人数
    ③活動期間
    ④必要物品(個人装備に関する物)
  (2)災害支援ナース登録者に災害支援の出動を要請する。ただし、県内に災害が発
     生した場合は、被災地及び被災地近隣の登録者や災害拠点病院へは要請しない。
     (供給の決定)
  (3) 災害支援ナースの確保
    ①災害支援ナース登録者を優先的に派遣する。
    ②災害支援ナース登録者で対応できない場合は、施設等会員代表者に災害支援ナースの募集を行う。
  (4)災害支援ナース派遣にあたっては、必要な心構えや準備について指導を行う。
     県内で対応困難な場合は、日本看護協会、都道府県看護協会と連携を取り調整する。
  (5)災害支援ナースの需要と供給についてリストを作成する。
     リストの作成は下記の情報を含む。
      ①氏名、年齢、性別
      ②所属先名称、住所、連絡方法(電話、FAX、Eメールアドレス、携帯電話番号)
      ③自宅住所、連絡方法
      ④免許の種類
      ⑤得意な看護
      ⑥実働期間(移動日・実働日・帰宅日を区別すること)
      ⑦所属支部
  (6)派遣が長期間に及ぶ場合には、交代などの調整を行う。
 4)物資支援責任者の役割
  (1)災害時看護支援のための財源の確保・管理・運営
     運営・管理の為の財源確保は岐阜県看護協会が行う。財源を確保するために、義援金・寄附金を募る。
  (2)必要な物資の提供
     備蓄物品から災害支援活動に必要な物品を現地に届ける手配を行う。また、必要な物的資源を確保する。
  (3)県災害対策本部、日本看護協会、都道府県看護協会と連携をとり物資支援を調整する。また、情報収集責任
     者と連携を取り、どこに何を支援するかを調整する。

3.支部の役割
 1)災害対策本部との連絡調整
 2)岐阜県看護協会との連絡調整
 3)岐阜県看護協会災害支援ナースの派遣
 4)岐阜県看護協会災害支援ナースからの現状報告の受付と連絡調整

Ⅳ.岐阜県看護協会災害支援ネットワークの模式図

 作成中です...

Ⅴ.災害支援ナース

1.災害支援ナースの役割
 1)災害時、看護師が不足している施設や避難所、救護所に対して、直接的支援活動を行う。
 2)活動終了後、現地対策本部や看護協会、所属機関に情報を提供(報告)する。

2.災害支援ナースの確保
 1)募集の方法は一般公募とする。
 2)応募資格は保健師、助産師、看護師、准看護師の免許を有する者。

 看護の専門領域

災害発生からの時期 必要とされる看護内容・援助内容
災害発生~初動
(発生直後~3日程度)
救命救急看護、トリアージ、手術室看護、透析看護
外科系看護、救急時看護管理
初動~初期対応
(3日~2週間)
内科系看護、慢性疾患看護、外科系看護
中期対応
(数週間~3か月)
精神科看護、地域看護
社会資源の知識があり活用できる看護職
いろいろな看護領域での活動ができるマルチ看護
長期対応
(3か月以上)
地域看護
精神科看護(PTSD、アルコール依存症等の対応)

3.災害支援ナース登録の手続き
 1)災害支援ナースの登録
  (1)登録方法
     ①災害支援ナース登録申請書(様式2)に必要事項を記入し、写真を同封のうえ県看護協会に提出する。
     ②登録受付は、岐阜県看護協会事務局が総括する。
     ③登録用紙は、岐阜県看護協会事務局で管理・保管する。
     ④登録の更新は3年毎とする。
  (2)登録内容
     ①氏名、年齢、性別、住所、電話、緊急連絡先
     ②就業の有無、就業施設
     ③免許証の種類、看護協会員・非会員の別、看護協会員NO、所属支部
     ④得意な分野
     ⑤活動可能日数
  (3)災害支援ナース登録証の交付
     ①登録者には岐阜県看護協会が災害支援ナース登録証を交付する。
     ② 災害支援ナース登録証は活動時携帯し、身分証明書とする。
  (4)災害支援ナース登録の変更・中止
      録氏名、施設名、住所(施設・自宅)の変更及び災害支援ナース登録を中止する場合は、災害支援ナース
      登録(変更・中止)申請書(様式3)に必要事項を記入し、岐阜県看護協会に提出する。

 2)災害支援ナースの心構え
  (1)基本的に災害支援ナースは、自分の生活については自分が責任を持つこと。
     (生活自己完結型活動)
  (2)自分の健康は自分が管理する。
  (3)交通・宿泊・食事等生活についての金銭的負担は、各自が行う。
     (活動終了後、岐阜県看護協会は一定の費用を支給するよう努める。)

 3)事前準備
    <要請に応じる>
  (1)自由意志で支援活動を申し出る時
    ①家族や友人の了解を得る。
    ②自分の専門を明確に伝える。
    ③活動可能期間(移動日を含む)は3日から10日間、しかし無理のない期間を申し出る。
    ④支援活動を申し込んだら、すぐに出かけられる準備をして待つ。
    ⑤登録しても要請がなかったら、応募者がたくさんあったと考える。
  (2)施設から突然派遣要請を申し渡された時
    ①家族や友人の了解を得る。
    ②体調を整え活動に臨む。人選を行った側が、何らかの理由があって抜擢した事を真摯に受け止める。
    ③申し渡された役割と、現地で実際に依頼された役割が異なる場合もあることを頭に入れておく必要がある。
    <準備する>
  (1)心の準備
    ①なんでもやる・・・その覚悟をする。
      支援活動の要請に応じるとは、依頼された事を「何でもやる」という事を覚悟する必要がある。
    ②なるようになる・・・気持ちを楽に持つ。
       「自分にはできるだろうか」など、過剰な不安を抱いても仕方がない。
    ③ 派遣期間内でやれる範囲のことをやろう・・・気負わない。
      「自分が行って何とかせねば!」という気負いは、焦る気持ちや無力感といった自分自身のストレスとな
      る。燃えつきを起こし、現地で依頼された活動に不満を抱きチームワークを乱す結果となる。「自分が出
      会った、その人のケアができればいい」くらいに気負いを持たないことが大切である。

 4)ボランティアの保障
    岐阜県看護協会がボランティア保険に加入し、一定の保障をする。

 5)諸手続き
    諸手続きは、所属機関や、応募の期間によってかなり異なるので確認が必要である。
  (1)職場の関係
     支援活動中の扱いや、身分保障の取り扱い(出張・有給休暇・職務専念義務の免除など)を所属機関に確認
     しておく。
  (2)保険の確認
     派遣が出張である場合、身分保障は所属機関により行われる。支援者自身が事故や病気に見舞われたとき
     は、労災保険を受けることができることもある。岐阜県看護協会で一定の保障はあるが、さらにボランティ
     ア保険への加入などの自衛手段がある。
  (3)身分(所属の確認)
     岐阜県看護協会所属となる。
  (4)現地では、誰にアクセスすればよいか確認
     現地に着いたら、どこの誰を訪ねればよいか確認しておく。
  (5)持参する物品
     発生後の時間経過や季節、活動場所によって微妙に異なる。基本的には、自分自身が活動を続けるために
     「自己完結で滞在・移動ができる身支度」をする。持参物には、全て所属、氏名を書く。
  (6)現地への移動
    ①指定された場所に集合する。
    ②現地に向かうには最近の交通情報を収集し公共交通機関でたどりつけるところまでいく。その後は、徒歩で
     目的地へ向かう。
  (7)着任時
    ①オリエンテーションはないことが多い。
    ②支援を要請した機関、施設からの指示に従って活動する。
    ③活動期間中の連絡担当者を確認する。
  (8)活動中
    ①支援内容は期間の経過に伴なって被災地のニーズが変化していくので、現地との連携・調整を行いながら支
     援活動を行う。
      ・着任後・・・自分の目でニーズを把握する。
      ・状況が見えたら・・・どんな支援活動が必要か決める。
      ・4~5日後・・・支援活動の見直しをする。
    ②活動日、活動範囲、活動内容、休憩場所などの確認をする。
    ③定期的に岐阜県看護協会に報告する。
    ④ボランティア自身の諸注意
      ・休憩を必ず取る。
      ・栄養をきちんと取る。
      ・気分転換を図る。
      ・自分自身の安全を確保する。
  (9)活動終了後
    ①災害救護活動の終了を岐阜県看護協会に報告する。
    ②後日報告書を提出する。(様式1

<持参物品の例>

用 途 準備したほうが望ましい物 状況によって持参すると役立つもの






















災害支援ナース登録証(必携)
看護職免許証コピー
看護協会会員証
名刺
名属機関の身分証明書
健康保険証コピー
腕章
ゼッケン(所属を明示したもの)



使


医療用手袋
血圧計
ステート
体温計
ペンライト
筆記用具



初期:ゴム手袋、衛生材料
   懐中電灯
中期以降:ウエットティッシュ



医療機関:ユニホーム
避難場所:電卓、電子血圧計
     ポケットタイプ内服薬辞典






 自
 分
守の
る身
たを
め 
の 
物 
予防衣(エプロン)、マスク
携帯用ウェルパス
雨合羽、軍手、現金、自分用常備薬
(風邪薬、うがい薬、消炎鎮静剤
胃腸薬、ビタミン剤、目薬、止痢剤
虫刺され用軟膏、各種軟膏、傷テー
プ、シップ剤)



冬季:防寒具
   使い捨てカイロ
夏季:帽子、長袖シャツ
   使い捨て吸熱シート
   虫除けスプレー、扇子
携帯
ウエストポーチまたはリュック ショッピングバッグ






履きなれた靴または運動靴
(底の厚いもの)
トレーニングウェア、スラックス
長袖シャツ、ソックス
ナースシューズ、スリッパ


冬季:重ね着できるアンダーウェア
   ウインドブレーカー
夏季:洗濯、乾燥しやすい物
水、携帯食、糖分補給用補助食
ビタミン、カルシウム補給食品

洗面用具、寝袋、タオル、洗濯ロー
プ、洗濯用洗剤、娯楽用品

情報源を
確保する
現地地図(交通路線図入り)
携帯ラジオ、携帯電話
テレホンカード


Ⅵ.災害支援ナースの研修

  災害発生時、円滑に災害時看護支援活動が行われるように、災害支援ナースの教育・研修を行う。

1.研修目的
  教育や訓練を通して災害に対する基本的な知識、看護職としての責任、並びに災害時に必要な知識と技術を習得す
 る。また、訓練を通して日ごろから災害についての意識を高めることで、災害時に効果的に活動することができるよ
 うにする。

2.研修計画
  岐阜県看護協会の「災害看護体制検討推進委員会」は、年度の教育計画を立案し、各支部の災害担当者と協力し、
 災害支援ナース育成研修を運営する。研修は年間1回~2<回実施する。登録を更新する場合はフォローアップ研修
 を実施する。
  研修方法は、岐阜県看護協会の集合教育を中心に実施するが、随時支部での研修も検討していく。

 1)研修目標
  (1)災害看護に必要な知識、技術を学ぶ。
  (2)災害時の心を癒す支援のあり方を知る。
  (3)地域防災対策を理解し、地域防災対策を支える団体との連携の必要性を知る。

 2)研修内容
  ・災害の定義と分類
  ・災害時における看護師の役割
  ・トリアージの概念とトリアージの実際
  ・心肺蘇生法
  ・応急処置法
  ・搬送法
  ・救護所の目的と役割
  ・災害の経時的対応と看護
  ・災害時の組織的活動における看護のリーダーシップの重要性
  ・災害と感染症対策
  ・災害弱者へのケア
  ・災害者のストレス(PTSD)
  ・災害援助者のメンタルケア
  ・災害拠点病院と災害基幹病院について
  ・地域防災と看護との連携

ページのトップへ戻る