教育事業

研修・学会 一覧はコチラ

教育事業の位置づけ

令和3年度「教育計画」の発行に寄せて

 公益社団法人岐阜県看護協会会員の皆さまには、ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。
 平素は、当看護協会にご支援ご協力を賜りありがとうございます。令和3年度の「教育計画」ができあがりましたのでお届けします。
 公益社団法人日本看護協会2021年度教育計画の重点事項は、『人々の生涯にわたり、「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ看護の提供』です。これらを実現するためには、看護職の一人ひとりが質の高い看護を提供できる知識・技術を獲得することが必要です。そのうえで場をつなぎ、人をつなぎ、生活をつないでいけるように、研修を活用していただければ幸いです。
 岐阜県看護協会では、県民の保健医療福祉ニーズに応えることができるよう看護の質の向上を目指すとともに、保健師・助産師・看護師・准看護師を対象とした研修と、重点事業に連動したプログラムの充実と、看護の専門職業人としてのキャリア開発支援を目的に研修を企画いたしました。また、認定看護師、委員会の協力を得た研修も企画いたしましたので、是非ご活用ください。
 多くの看護職の方々が受講されますこと、そして、キャリア開発されますことを期待しております。
 今年度は、新しい研修申込方法、研修受講方法が導入されます。慣れないことで、戸惑われることもあるかと思いますが、ご協力をお願いいたします。
 最後に、企画にあたりご尽力いただきました教育委員および関係者の方々に心より感謝いたします。

会 長   青 木 京 子

令和3年度の研修プログラムのポイント

 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(JNAラダー)の看護の核となる実践能力は、看護師が論理的な思考と正確な看護技術を基盤に、ケアの受け手のニーズに応じた看護を臨地で実践する能力をいいます。
 「JNAラダー」の標準的指標は、4つの力<ニーズをとらえる力><ケアする力><協働する力> <意思決定を支える力>で構成されています。「教育計画の概略」の段階設定をご参照いただき、自らの習熟段階と対比させ、自身が学ぶべき学習内容の研修を選択し受講されることでキャリア開発にご活用ください。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、集合研修会の開催が困難です。多くの研修会でZoom機能を使ったオンライン研修となります。受講いただくための環境(インターネット接続・カメラマイク付きパソコンの準備・Zoomアカウントの登録)など、ご用意をお願いすることとなります。ご理解ご協力をよろしくお願いします。

ページのトップへ戻る